• ホーム
  • まつ毛育毛成分ビマトプロストが含有されているルミガン

まつ毛育毛成分ビマトプロストが含有されているルミガン

2019年07月08日
まつげがきれいな女性

毎日のメイクのときに目元の印象を左右するまつ毛が、思ったように伸びてこなかったり、薄くなっているなどの悩みをお抱えではないでしょうか。
まつ毛は頭髪や体毛とは異なる特徴を持っているので、ダメージをこうむりやすい繊細さを持ち合わせています。
そのためまつ毛を育てるには特別のケアが必要不可欠になります。
まつ毛は目に隣接しているので普通の育毛剤ではケアすることが難しい環境にあるので、専用のまつ毛育毛剤を使用することで初めて効果的なケアを実践することができます。

まつ毛育毛剤のなかでも知名度が高く、利用者が多いまつ毛育毛剤には、ルミガンがあります。
ルミガンは本来は眼圧を低下させて緑内障の治療薬として開発され、臨床現場で使用されてきました。
緑内障の治療の過程でまつ毛育毛効果をもっていることが確認されたことで、まつ毛育毛剤として販売されることになった訳です。

ルミガンには有効成分ビマトプロストが含まれており、育毛効果を発揮します。
ルミガンの有効成分ビマトプロストには、まつ毛を育てる効果が確認され、睫毛貧毛症の治療薬として利用されています。
睫毛貧毛症とはまつ毛の成長サイクル(毛周期)が乱れることで、本来は成長を続けるべき期間が十分残っているのに、成長が停止し細く短い段階で抜け落ちたり毛の密度が落ちてしまう病態のことを指します。
まつ毛の場合は成長期が40日間ほど、休止期や退行期などが70-100日間程度が正常な毛周期です。
ルミガンの有効成分ビマトプロストには、成長期を伸ばす効果がありまつ毛の長さや太さ・密度などを改善することができます。

ところでルミガンはドラッグストアでは取り扱われていません。
国内でルミガンを入手するには医師から睫毛貧毛症との確定診断を受けて処方箋を出してもらう必要があります。
病院に足を運ぶ必要があり、ドラッグストアで直接購入できないと何かと不便です。
そこでルミガンを簡単に購入する方法として、処方箋が不要な個人輸入代行の通販を利用する方法がおすすめします。
個人輸入代行の通販を利用するときには注意点があります。
副作用については自己責任になります。
ルミガンは使用状況によっては目の周りが黒ずんだり多毛などの副作用がまれにあるのは、通販を利用するときの注意点です。
また輸入代行サイトでは激安のものは偽物の可能性があります。
激安の偽物を掴まないためにも、信頼できるサイトで適正価格で入手することを心掛けましょう。

関連記事
不器用の敵?!つけまつげのメリット

目元は他人の視線が無意識のうちにあつまるパーツなので、第一印象を大きく左右します。目元の印象に影響をあたえるのは、黒目の大きさやまつ毛のボリューム・二重か一重か・涙袋など細かく見ると色々なパーツの外見が問題になるので、美しく見せるためにポイントメイクにして毎日時間をかけている方も多いのではないでしょ

2019年08月26日
マスカラは自然にボリュームアップが出来る

まつ毛のボリュームを増やすための化粧品が、マスカラになります。まつ毛エクステなども最近では人気を集めているようですが、定期的なメンテンスが必要でサロンでの施術をうけることが前提になっています。金銭的負担やメンテナンスのために必要な時間などを踏まえれば、必ずしもまつ毛エクステがベターな選択とはいえない

2019年09月26日
まつエクのメリット・デメリット

従来は目元のまつ毛の印象を変えるには、アイシャドウを使用したり、付けまつげを装着したりと何かと手間がかかるものでした。立体的に変化をつけるには、幾つかの方法を組み合わせる必要がありそれなりの時間が毎日のように必要だったのも事実です。理想の目元の印象に完成させるための手間ヒマは相当なもので、アイメイク

2019年09月11日
まつ毛美容液の代表的な副作用

まつ毛がそろった目元は好印象を与えるので、綺麗になりたい人にとっては必要なものといえます。まつげを綺麗に見せるために色々なアイテムが発売されており、付けまつ毛から人為的にボリュームをつけるエクステンションなどは、女性の間での利用が多いものです。反面、これらのアイテムはまつ毛に負担をかけることが多く、

2019年08月07日
ルミガンとそのジェネリックのケアプロストは同じ効果でリーズナブル

ルミガンはまつ毛が少ない・短い・密度が低いなどの症状を呈する睫毛貧毛症の治療薬です。開発当初は眼圧を下げて緑内障の進行を食い止める治療薬に承認されていますが、治療をうける患者の中にまつ毛の成長が促進される効果があることに注目があつまり、改めて睫毛貧毛症治療に特化して開発費が投じられて開発販売に至りま

2019年07月23日